nasneとiOSで地デジとかを見る

最近はもっぱら気になる番組を録画しておいて録画された番組以外は見ない生活をしています。

テレビにむかう。ということをしなくなった最近はPS3を起動してtorneで録画した番組を管理するということも放棄し、nasneでネットから予約をして開いた時間にiPhoneかiPadで視聴をするという大画面テレビってなにそれ。な環境になっています。nasneに撮りためた動画の削除などもネットから可能なのでだいたいのことはブラウザとアプリで可能になります。

では、iOSでnasneに撮りためた番組を見る方法を紹介します。

  • iOSアプリ

    • Twonky beam(掲載時無料、アプリ内課金DTCP-IP 対応版700円)

    ネットワークに接続している写真やビデオなどのサーバにあるコンテンツを閲覧できるアプリ。 DTCP-IP対応のアドオンを購入することでnasneに録画した番組やライブチューナー(今やっている番組)の閲覧が可能になる。

    • DiXiM(掲載時1000円)

    DTCP-IP対応のホームネットワークプレイヤーアプリ。 Twonky beamと同じようにネットワークに接続しているサーバのコンテンツの閲覧ができる。こちらはアプリを購入するだけでnasneに録画した番組やライブチューナーの閲覧が可能になる。最近DTCP+に対応をして、下記のRECBOXと連携させることで外出先でもRECBOXに入っている番組を見ることができるようになった。

    • RECOPLA

    SONY謹製のブルーレイレコーダーやnasneのコンテンツ管理アプリ。 このアプリをポータルにしてTwonky beamで録画した番組を見るなどといった利用方法が可能になる。

    • S-Entrance  

    SONY謹製のランチャーアプリ。 このアプリでCHAN-TORUにログインしてiOSデバイスからテレビ番組表の閲覧や録画予約、また、nasneに録画されている番組の削除などができる。 nasneに接続してnasne homeの設定画面もこのアプリからログインできるので、nasne本体の設定もiOSデバイスだけで管理できる。

  • nasne

    内蔵で500GBのHDDに録画ができますが、外付けHDD(2TB)位を用意して録画された動画とHDDの容量に気を病むよりどんどん撮りためたほうがいいんじゃないかなと思います。 消すとかの管理は管理しようと思い立った時にするくらいの勢いで。

  • あると便利

    • I・Oデータの「RECBOX」

    nasneで撮った番組をRECBOXに移動しておくとアプリで紹介したDiXiMのアドオンで購入できるDTCP+を使用することで外出先や移動中にストリーミングで閲覧することができるようになります。 ちょっと管理する時間が面倒かもしれないですが、nasneの外部HDDとして利用してみるのもいいかもしれません(nasneの外付けHDD登録や、自動でコピーなどはできないようです)。nasneの外付けHDDの容量制限である2TBを超える容量のRECBOXも用意できるのが利点かなと思います。

  

  

nasneとiOSデバイスを同一のLAN環境に接続してTwonky beamやDiXiMを起動するとサーバとしてリストに出てきます。 あとは観たい録画番組やライブチューナーで今放送している番組を選ぶだけでストリーミングが始まります。

両方使ってみて思ったこととしては、Twonky beamはアプリがとてもわかりづらく、どこを押して何をすればnasneが見れるのかわからなかったり、ネットワークの調子が悪い時にbeamしてるのになんのアラートもなく動画画面が消えてしまったりしているので、Twonky beamを使用するときはRECOPLAで観たい番組を見つけてアプリ間の連携でTwonky beamを開くなどするほうが良いかなと思います。

DiXiMはとてもわかりやすいです。

なぜかRECOPLAがTwonky beamにだけ対応をしているので、組み合わせとしては録画予約はS-Entranceで行いつつ、RECOPLA-Twonky beam、もしくはDiXiM単体のどちらかで良いと思います。 RECOPLAがDiXiMとも連携してくれればそのほうがいいなと思いつつ、価格的にはTwonky beamのほうが安いというのが玉に瑕ですね。 なので、自分はアプリとかITとか強いぜ!って方はTwonky beam、自信が無かったりめんどくさいこと嫌い。って人はDiXiMを選択すれば良いかなと思います。

では快適な家中(RECBOX使えば外出先でも)観たい番組生活を!

神宮花火大会

4

神宮花火大会をみました。 好条件の屋上から。

1 2 3

せっかくなのでカメラを持って行きました。

機材は IMG_6471

カメラ:Olympus OM-D E-M5 レンズ:COSINA NOKTON 50mm f1.1

カメラにはサードパーティのグリップ、UN OLYMPUS OM-D E-M5専用グリップブラケットと ハンドグリップ、HAKUBA カメラグリップLH KGP-02をつけています。

ハンドグリップつけると持ち方的に前方でのシャッターボタンが欲しくなる。いずれ純正を付けたいな。

レンズはMレンズにアダプタかましてます。マウントがマイクロフォーサーズなので、50mmが換算100mmの望遠に。

リハ無しなので、最初はISOを200で決めつつ、絞りもシャッタースピードも試行錯誤。 3脚もないので手持ちと手すり固定とを試す。

最初はf3.6,1/125とかで撮りつつなんかうまくとれないなーとか思ったり、 そのうちISOあげて400固定にしてシャッタースピードを1/1000にしたりとかやってみたけど、 ふとLive Time機能とかあることに気がつく。

そこで手すり固定しつつISO400、f22にした上でシャッタースピードをLive Timeでチャレンジ。

それでも花火って何秒間露出すれば綺麗に撮れるのかわからず、時間の試行錯誤。

花火って爆発だから明るくて、花火の中心部分はかなり露出が飛び気味になってしまうため、そのタイミングがわからない。 なんとなーくうまくいかないなーとかやってたその時に、「露光確認時間」を設定できることに気が付きました。 設定を見ると確認時間が60秒になっていたのでそれを0.5秒毎とかでやっとそれなりに。 結果的にはだいたい2.5秒くらいで綺麗に取れるのかな。

そのうちシャッターオンとシャッターオフの時にシャッター押すのめんどくさくなったので、1.3sくらいで固定しました。

花火って明るいし動くし、どのタイミングでシャッター押し始めればいいかわからなくて結構撮るの大変だね。

Flickrに全部あげてありますので、続きはこちらで御覧ください。

Flickr-noborunrun

Yコンビネーターを読んでみた

数々のトップスタートアップベンチャーを生み出しているY combinatorの内側を描いたドキュメンタリー。

シリコンバレーのスタートアップが何をして、何を考えて、何を決断して行動をしているのか、現在するスタートアップの取材を通して描かれている。

サービスを作る側として読んでみるととても耳も心も痛くなるような内容と、現地の起業家の行動をみて、やるとこをやろうという気持ちにさせてくれる一冊。

 

ヒットするiPhoneアプリの作り方・売り方・育て方を読んでみた

ヒットするiPhoneアプリの作り方・売り方・育て方 という本が発売されたので読んでみました。 著者は「あの」川畑さんと丸山さんです。

こういう趣旨の本はたくさんあるけど、しっかりと最新の情報や今どきのアプリのデベロッパーが注目している部分などがたくさん載っていて何箇所かおもしろポイントがあったのでメモなんかしちゃったりして。

WWDC13

今年もWWDCにくることができました。

毎年恒例で一足先に現地入りしているので、会場の写真でも載せて見ましょう。

会場の建物の反対側に今年は広告が出ています。

結構でかい

いつも並ぶところはこんな感じ

1階ロビーはXと7の文字が。そして色々な色のアイコンがたくさん!

ロビー正面には7の文字が。

2階の黒シートには今年は何が隠されているのでしょうか。

こちらの気温はちょっと寒い感じなので、 服装的には長袖羽織って下に1、2枚きとくと良いかなーという感じかな。

そういえば、こちらの方はもうならんでるのかな!?

半袖です。

その他写真

近況報告とかご紹介とか

ご無沙汰しております。

ブログ書きたいといってからはや年月。いかがお過ごしでしょうか?

といって、書く内容が宣伝なんですがね。

まずは近況(というか、すでにだいぶ前のこと)報告。

・FilmTrackrバージョンアップ

iTunesArtwork

 色々と機能追加したバージョンアップをして、リリース出来ました。

 PVとかもつくったよ!

 https://vimeo.com/51990704

 デジカメウォッチさんに載せてもらったよ!

 http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120105_502725.html(最初)

 http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121120_574149.html(今回バージョン)

 AppStore

 https://itunes.apple.com/jp/app/filmtrakr/id489198234?mt=8  

ところで、iPhoneアプリ作ってみたいなーとかいう方向けにスクールができるらしいので、ご興味があればいかがですか?

プログラミングとか敷居が高いなーって思ってるところを取っ払ってくれるそうです。 多分、iPhone開発に興味があったり、仕事でiPhoneアプリ開発のメンバーになったけどプログラマが何するのかよくわからないなーっていうデザイナさんとか、こんなことやってるんだーって理解ができていいのでは?という内容だと思います。

初回が説明会が今週末の4月13日(土)午後2時くらいから渋谷であるみたいなので、ご興味があればぜひ!

0413_pr

そして、信頼のあのメンバーによるiOS6の開発本が発刊されました。

jpeg

本屋さんで見かけたら買いましょう。

近況 NeverSleep FilmTrakr

ご無沙汰しております。

前回の記事からまさかの1年以上間を開けた更新となっていますが、元気です。

私にとっての2011は存在しなかったということで、2012はぼちぼちやっていこうかなと思っている次第です。

今年もよろしくおねがいいたします。

さて、近況など。 ・Androidアプリ 「NeverSleep」リリース Never512 https://market.android.com/details?id=com.Ninedrafts.NeverSleep&hl=ja バッテリの関係などでディスプレイの照明を短く設定している時とかに、web見たりしてると 読んでる時とか「画面をいじらない」時に勝手に暗くなったりスリープになったりしますよね。 これをOnにしておくと、そういうの無視してずっと光りっぱなしになってくれます。 使い方は簡単。 1.HOME画面上にウィジェットとして配置する。 2.ウィジェットをタップするとOn/Offの切り替え

アンドロイダーさんとかに紹介して頂きました。 http://androider.jp/a/6619c07a0ec07725/

・iOSアプリ 「FilmTrakr」リリース iTunesArtwork http://itunes.apple.com/jp/app/filmtrakr/id489198234?mt=8 マニュアルカメラとか、「ケータイ」以外のデジカメとかで写真取ったときにどこで取ったのかとか あとから見返せませんよね。GPSロガーとかないと。 特に旅行で散策なんかしてると「どこ歩いたんだっけ?」とか、「確かこの辺でこの写真撮ったんだよな」とか、あやふやになったり。 それはそれで楽しいんだけど、記録しとくともっと楽しいんじゃない?っていうことで開発して見ました。

ものより思い出記憶も大事だけど、記録もね。

あとは、個人的にフィルムカメラで写真撮った時、露出とか記録したかったってのもあるんだけど。

デジカメWatchさんとかに紹介して頂きました。 http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120105_502725.html

いろいろとあるけどまずは 自分が欲しい物を作る

というところを主体に今後も考えていくつもりです。